蓮生寺無料相談所

お手持ちの
携帯電話からでも
ご連絡いただけます

❀蓮生寺への
ダイレクトメール❀

蓮生寺住職の尾上と
申します。
この度は
いかがされましたか?

過去に、私自身が、
うまくできなかったことを
踏まえて、1つだけ、
ご了承いただきたいことが
あります。

お寺の住職の仕事は、
24時間の本堂の
管理であったり、
門徒様とのお話や、
ご法事・
ご葬儀の仏事など、
このお寺を経済的に
支えられる方との
縁によって、
成り立っています。

それ故、
一度もお会いしたことが
無い方と、
この先、
何度と無料での
繋がりを持つことが
難しい場面になることも
考えられます。

やはり、お寺や、住職が、
学校の先生や、
市役所で働かれる
方々のように、
「公務員」という
身分であれば、
そのような活動も
できるのですが、
お寺は、
「自営業」に
区分される社会的身分です。

ですので、行政からの
補助金や援助は
もちろん、ありませんし、
税金も皆様方と同じだけ、
全てを納めています。
本当に、
皆様と同じだけの
全てに、納税しています。

楽な仕事であれば、
お寺はどこも
無くならないのですが、
ボランティアでの活動を
求められる割には、
経済的な、
我慢も多大に
抱えているのが、
「お寺」の現状です。

それゆえ、
どうしても、
門徒様との仏事や、
3日がかりで行われる
ご葬儀などが最優先となり、
毎日のように、
お電話をいただくなどの
お気持ちに
応えきれなくなります。

今月も、
4日がかりのご葬儀が
あり、そのような
ミスの許されない場面が
続く仕事でも、あります。

ですので、
「知恵が欲しい」
「聞いてもらうだけがいい」
「解決策を聞きたい」
などの、
答えを求める問いであれば、
私としても助かります。

また、その話が、
漏れることはありません。
お寺は、個人情報を
外に出すことが無い
場所ですので、
何百年の歴史に
キズがつくようなことは
できないものです。
安心して、
ご連絡をください。

それら、
蓮生寺というお寺を、
大切に考えて
いただける方のみ、
ご連絡を
いただければ幸いです。

勇気をもって、ご連絡を
いただくことができれば、
私自身が実際に動き、
できることも
ございますので、
頭や心が、
はじけてしまう前に、
勇気をもって、
ご連絡を
いただければ幸いです。

必須
必須
必須
必須


ご連絡ありがとう
ございました❀
蓮生寺からの
連絡をお待ちいただければ
幸いです。合掌

 

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。