池地区でまれた お
        阿弥陀様との仏縁()がまれる お

〒653-0842 兵庫県神戸市長田区水笠通 4 - 4 - 12

令和2年 蓮生寺法要のご案内

   法要日時  
 ▪2 月 2 日(日) 9時 開式  2月のお参り    
 ▪3 月 1 日(日) 9時 開式  3月のお参り    
 ▪3 月 22 日(日) 9時 開式 春のお彼岸法要    
 ▪4 月 5 日(日) 9時 開式  4月のお参り    
 ▪5 月 3 日(日) 10時 開式  永代経法要    

令和2年1月
尾上住職あいさつ

 

はじめまして。蓮生寺住職の尾上と申します。

令和2年が始まって、少しの時間が経ちましたね。

みなさま、元気にされていますか?

今年に入ってからも、

蓮生寺は元気にしております。

そうですね、たとえば、令和2年の蓮生寺は、

お亡くなりになられた方が、

病院から直接お越しになられたり、

蓮生寺が初めての方々が、蓮生寺本堂に来られて、

ご葬儀やご法事を行われていること、

蓮生寺として仏事のお約束の時間を

守り続けられていることや、

蓮生寺という社会的な組織として、

税務関係も税理士様を通して、社会的にも

きっちりと納税を行っていることや、

蓮生寺と縁ある方々に郵送させていただく、

3月発送の寺報の作成に取り掛かっていること、

蓮生寺住職として蓮生寺本堂での

毎朝・毎夕の日常勤行を行えていること、

JR新長田の看板を張り替えたことなど、

すでに様々な新しいことがありました。

そうですね、看板はこのように

新しくなったのですが・・・、

 

 

と、見せかけて!

と、いうほどのものではありませんが、

この度の変化は、

2月の完成版のために必要な、

1つの変化でありますので、

間もなく、大きな変化を迎えます❀

そこに向けて現時点では、まだ未完成ながら、

この下の新しいデザインなども用意して、

 

 

2月中旬にはJR新長田ならびに、

地下鉄新長田のところも、

リニューアルしていけると考えています。

 

ちなみにこの写真は、

令和2年の元日に、

私が撮影した写真です。

 

私は1年中、蓮生寺で暮らして、

年末もお寺のことをして、

除夜の鐘を撞いた次の日の元旦も

本堂でお参りをして、その後に、

街で頑張ってくれている

蓮生寺の布教看板さん達に挨拶をして

などなど・・・・(´;ω;`)ウッ…

世間では「○○連休♪」「帰省ラッシュ」

などなど、働き方改革という言葉が、

私には美しく見えすぎて・・・(笑)

と、最後は冗談でしたが、

蓮生寺は、令和2年も精進してまいります。

あと、もう1つありました☆

令和2年の蓮生寺は、

1月中旬、ないし、下旬には、

蓮生寺本堂の照明と、内陣の照明が、

生まれ変わって、明るい蓮生寺へと

生まれ変わります!

といっても、

蓮生寺はもともと立派な本堂ですので、

生まれ変わるほどではありませんが、

ここ何十年よりは、明るくなります!

やはり、阿弥陀如来は

光の仏様でもありますので、

暗い本堂、暗い内陣は

私の好みではありません。

ですので、令和2年の蓮生寺も

「阿弥陀様と遇(あ)える」

蓮生寺のままです❀

それでは、令和2年も、蓮生寺を

楽しみにされていてください❀

それでは、本年もよろしくお願いします。

合掌

 

令和2年 蓮生寺住職 尾上智和

 

令和2年 ご法事のご案内

 

 

阪神淡路大震災

 

☟☟蓮をタップ(押)されると
蓮生寺住職による読経(お経)の
ページ(無料)に繋がります☟☟
阿弥陀様との仏縁に感謝して
なんまんだぶつ なんまんだぶつ

 

☟☟ 蓮生寺は24時間で確実に受電いたします。

お手持ちの携帯電話から、いつでもお気軽に、

お電話をいただければ幸いです(通話料無料)

 

0120-365-154

✿ 年中無休 24時間 応対✿
蓮生寺専門のお手伝いの方のおかげにより、
時間帯に関わらず、確実に受電いたしますので
お手持ちの携帯電話からでも、
安心してお電話ください☺

     365日 行こうよ
0120-365-154

所在地⚓

※バスをご利用の方は、

「水笠通(みずかさどおり)」という

バス停が、最寄りのバス停になります。

1日に200回程度、停まるそうですので、

電車・車などの選択肢の1つになりましたら。

☟☟触っていただきますと
ホーム画面に移ります☟☟