令和4年 住職 あいさつ

蓮生寺住職の尾上智和と申します。

令和4年の2月になりました。

オミクロン株の情報が日に日に

新しくなり、終わりが見えない

現実のように感じますね。

 

蓮生寺は、2年前の2月から

コロナ感染対策として、自主的に

蓮生寺の根幹を成していた法務である

月参りの自粛を開始しました。

 

韓国での「新興宗教施設でのクラスター」

というニュースが、日本での一大ニュースに

なったことを受けての判断でした。

こうして、書くのは簡単ですが、

寺院として見れば、恐らくは、

第二次世界大戦が終戦したのが

1945年で、

2020年に完全自粛ですので、

75年ぶりの完全停止と言っても

過言ではないほどの大きな出来事でした。

私自身は、

仏教界の変化や、仏教界を見て

これまで生きてきましたが、

まさか、月参りが完全に止まる日がくるとは?

という、驚きが、今でもあります。

 

そして、今では第6波ですね。

きっと、終わりは来るのでしょうが、

終わりそうで終わらない、

もどかしさは、心にくるものですね。

 

それでも、終わりは来ますので、

ともに努めてまいりましょう。合掌

 

蓮生寺住職 尾上智和